検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-07-02 / 日本史 / 学内講座コード:720216

人物でたどる戦国史 史料からみた戦国大名の実像・豊臣秀吉編

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月 4日(月)~ 8月29日(月)
講座回数
6回
時間
13:00~14:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
17,820円
定員
30
その他
ビジター価格 20,493円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・戦国時代の信頼できる史料に基づいて、著名な戦国武将の実像を学ぶ。
・彼らが歴史上果たした役割を考え、戦国時代の社会構造への理解を深める。
・あまり知られていないキーパーソンも取り上げ、戦国時代の多様さを理解する。

【講義概要】
戦国武将は人気が高く、その行動や思想が教訓として用いられることがよくあります。しかし、よく知られている戦国武将のエピソードは、江戸時代の軍記物や講談、歴史小説等で理想的に描かれた話がもととなり史実とかけ離れた姿になっています。 講義では著名な戦国武将や知られざる重要人物を取り上げ、信頼性の高い古文書・古記録をもとに政治動向や人物の実像を考えます。同時によく知られるエピソードが、どのようにして生み出されたのかも検討します。回によっては関連人物も一括して扱う場合があります。今回は、豊臣秀吉とその周辺人物を取り上げたいと思います。

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 7/ 4(月) 豊臣秀吉―百姓から天下人へ―
第2回 2022/ 7/11(月) 黒田官兵衛―野心家軍師の実像―
第3回 2022/ 7/25(月) 豊臣秀長―秀吉最大の補佐役―
第4回 2022/ 8/ 8(月) 大谷吉継―病に苦しんだ奉行人―
第5回 2022/ 8/22(月) 石田三成―関ヶ原合戦への道―
第6回 2022/ 8/29(月) 加藤清正―「七本槍」は武断派か―

備考

【ご受講に際して】
◆補講が発生した場合の補講は9月5日(月)になります。
◆各週の講義の順序は入れ替わる場合があります。
◆2017年秋講座の一部を、ブラッシュアップしたものとなります。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 丸島 和洋
肩書き 東京都市大学准教授
プロフィール 1977年生まれ。慶應義塾大学大学院後期博士課程単位取得退学。博士(史学)。専門は日本中世史。主著は、『戦国大名の「外交」』(講談社)、『真田四代と信繁』(平凡社)、『戦国大名武田氏の家臣団』(教育評論社)、『武田勝頼』(平凡社)、『列島の戦国史(5)東日本の動乱と戦国大名の発展』(吉川弘文館)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.