検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-07-03 / 日本史 / 学内講座コード:120247

近代移行期のキリシタンと民衆宗教

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月 5日(火)~ 7月19日(火)
講座回数
3回
時間
10:40~12:10
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,910円
定員
30
その他
ビジター価格 10,246円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・近代移行期における秩序の変容過程について認識を深める。

【講義概要】
近代移行期の19世紀は大きな変動の時代である。それは政権の交代のみならず宗教をめぐる動向にも表れた。たとえば、潜伏状態にあったキリシタンが信仰を告白したり、民衆宗教が次々と登場したことによく示されている。本講座では、19世紀のキリシタンと民衆宗教に注目し、近代移行期の人々の秩序意識について考えてみたい。

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 7/ 5(火) 潜伏キリシタンの明治維新
第2回 2022/ 7/12(火) 幕末維新期の「切支丹」観
第3回 2022/ 7/19(火) 民衆宗教の登場と「信教の自由」

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講日は7月26日を予定しています。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 大橋 幸泰
肩書き 早稲田大学教授
プロフィール 新潟県生まれ。現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。博士(文学)。専門分野は、日本近世史。主な著作に、『検証 島原天草一揆』(吉川弘文館)、『近世潜伏宗教論』(校倉書房)、『潜伏キリシタン 江戸時代の禁教政策と民衆』(講談社学術文庫)がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.