検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-10-01 / 日本史:経済:政治 / 学内講座コード:1290839

史料で読む現代史 太平洋戦争開戦の決定過程~近衛内閣の対米交渉~

主催:実践女子大学生涯学習センター実践女子大学 日野キャンパス(東京都)]
問合せ先:実践女子大学生涯学習センター
開催日
10/3・10/17・10/24・10/31・11/7・11/21・11/28・12/5・12/12・12/19
講座回数
10
時間
15:10~16:40
講座区分
後期 
入学金
3,300円
受講料
22,000円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 1941年6月にドイツがソ連攻撃を始めたことで、三国同盟は意味を失いました。7月2日の御前会議で、対ソ戦の準備と、南方進出のために対英米戦を辞さないことを決めます。さらに9月6日の御前会議では、10月下旬を目途として対英米戦準備を完成させることとしました。その経過について、資料をこまかく読んでいきます。

・南部仏印進駐
・7月御前会議
・英米など日本資産凍結
・対日石油輸出禁止
・9月御前会議

講師陣

名前 千本 秀樹
肩書き 筑波大学名誉教授
プロフィール 京都大学大学院を修了後、宇治市歴史資料館主事を経て筑波大学教授、退職。日本社会運動史や天皇制、部落差別問題、外国人労働者問題などの歴史と現在について研究している。兵庫県赤穂市出身、1949年生まれ。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.