検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-02-24 / 日本史 / 学内講座コード:740213

歌舞伎の歴史と衣裳 服飾から読み解く日本文化

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月26日(土)~ 2月26日(土)
講座回数
1回
時間
15:30~17:00 ※途中休憩をはさみます。
講座区分
1回もの 
入学金
8,000円
受講料
2,970円
定員
30
その他
ビジター価格 3,415円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・現代に継承される伝統芸能の歴史とその衣裳の特色を学ぶ
・芸能史や服飾史を通じて日本文化に対する理解を深める

【講義概要】
日本を代表する伝統芸能である歌舞伎は、現代においても根強い人気を誇っています。この講座では、現代に継承される歌舞伎の歴史と、その衣裳の特色について学びます。
江戸時代には、歌舞伎は花形エンターテインメントとして人気を誇っていました。そして、華やかで時に奇抜な衣裳は、歌舞伎の舞台に花を添え、その人気を支えるのに一役買っていたのです。代表的な演目のストーリーとともに、その特徴的な衣裳が生み出された背景などもご紹介していきます。

備考

【ご受講に際して】
◆パンフレットより講義タイトル、講義時間が変更となりました。
◆休講が発生した場合の補講は、3月5日(土)を予定しております。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 福島 雅子
肩書き 学習院女子大学准教授
プロフィール 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程修了。博士(美術)。専門分野は、日本服飾史、染織史。主な著書に『徳川家康の服飾』(中央公論美術出版、2018年)、『江戸のきものと衣生活』(小学館、2007年、共著)、『日本史色彩事典』(吉川弘文館、2012年、共著)などがある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.