検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-02-16 / 日本史 / 学内講座コード:140217

中国製造業の行方と日本経済 日中経済対立の狭間で

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月18日(金)~ 3月11日(金)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
45
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・中国製造業の実態を理解する
・日本製造業の世界的位置を理解する
・日中産業関係の調和のかたちの検討を試みる

【講義概要】
米中対立の長期化のなかで、中国製造業は2020年代から2030年代にかけて如何に進んでいくのか。「中国製造2025」はどんな結果をもたらすのか。米中対立のなかで日本経済はいかなる影響を受けているのか、そして受け続けるのか。自動車・半導体・5G通信を軸にその変化を追跡する。

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 2/18(金) 中国製造業の実態―「中国製造2025」を中心にー
第2回 2022/ 2/25(金) 自動車(EV・CASE・MaaS)と半導体産業の課題
第3回 2022/ 3/ 4(金) 米中対立の狭間の日本産業
第4回 2022/ 3/11(金) 日本産業の行くべき進路

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 小林 英夫
肩書き 早稲田大学名誉教授
プロフィール 1943年東京生まれ。東京都立大学法経学部卒業後、同大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(文学・東京都立大学)。専門分野は、日本近現代史・東アジア史・産業史。著作に『日本の迷走はいつから始まったのか』(小学館)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.