検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-11-25 / その他教養 / 学内講座コード:130799

社会人のための必修教養講座 デキる人の数学的発想法 数学を使いこなすことで、世の中を見る眼が育ち、仕事の効率も向上する!

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
11月27日(土)
講座回数
1回
時間
13:00~18:00
講座区分
1回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,910円
定員
30
その他
ビジター価格 10,246円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・最近よく耳にする数学の言葉の本来の意味を正確に理解しましょう。
・カオスとか複雑系の本当の姿は何でしょう。何が複雑なのでしょうか。
・現実を全て数値化する事はできない、ということを理解しましょう。
(ビッグデータにもできないのでしょうか?)
・ゲームの理論を正しく理解しましょう。

【講義概要】
数学の言葉や物理の言葉がビジネスの世界だけでなく、社会現象の色々なシーンで見られるようになりました。しかし、科学的な言葉を使うだけで、正確な結論が得られるのでしょうか。それは、どれだけ正確に現実を表すモデルを作ったかに依存します。科学的な方法を使ったからといって、必ずしも正しい事ができるようになるわけではありません。統計、複雑系、ビックデータ、ゲームの理論すべてある仮定のもとで考えている事です。これらの手段の本当の意味を理解しましょう。

備考

【ご受講に際して】
◆特に予備知識は必要としません。
◆政治・経済・社会情勢等の変化によって、講座内容が変更になることがあります。
◆休講が発生した場合の補講は、12月4日(土)を予定しています。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。
※講座時間内で途中休憩をはさみます。

講師陣

名前 柳谷 晃
肩書き 早稲田大学高等学院教諭、早稲田大学講師
プロフィール 早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻博士課程修了。町工場の品質管理、証券会社でMBAの数学研修などを経て現職。専門は、微分方程式と数理モデル。著書『日本を救う数式』(弘文堂)、『その数式が信長を殺した』(KKベストセラーズ)、『円周率πの世界』(講談社ブルーバックス)ほか多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.