検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-01-26 / 日本史 / 学内講座コード:740201

中世史料を読む デジタルアーカイブで学ぶ古文書・古記録

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月28日(木)~ 3月11日(木)
講座回数
6回
時間
15:30~17:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
17,820円
定員
90
その他
ビジター価格 20,493円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講義概要】
中世の古文書や古記録などの史料を読むための講座です。中世史料を解読するには、くずし字の知識以上に、当時の言葉の知識、文意・文脈から文字を推測する思考力が求められます。この講座では、史料原本の画像や全文データなどデジタル化された史料情報(デジタルアーカイブ)を用い、解読に関する基礎的な事項を実例に即して学びます。くずし字で書かれた歴史史料の読解は何かとハードルが高い印象ですが、昨今のデジタルアーカイブの充実により、居ながらにして手軽に始められるようになりました。この機会に、くずし字を読んでみませんか。

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講は、3月18日(木)を予定しております。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆オンラインサマーセミナー・オータムセミナーとは異なる史料を扱いますので、以前に当該講座を受講された方にも、初めての方にもご受講いただけます。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

◆申込受付のご案内

講師陣

名前 宮﨑 肇
肩書き 東京大学史料編纂所特任研究員、早稲田大学講師
プロフィール 1972年千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、同大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。専門分野は、日本中世史、文字文化史。東京大学史料編纂所「電子くずし字字典データベース」の開発・高度化研究および影写業務を通じた筆跡・筆法の研究に従事するほか、早稲田大学で書道の授業を担当。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.