検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-30 / スキル / 学内講座コード:340808

順番の技術 ― 伝えるスキル「構成術」の使い方 テレビ番組が視聴者を捉える手法を活用する

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月 1日(土)~ 2月22日(土)
講座回数
4回
時間
15:00~16:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
15,840円
定員
24
その他
ビジター価格 18,216円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・劇的に伝える力を上げる「企画やアイデアの伝え方(構成術)」を学び、実践します。
・企画書、商品説明の書き方、喋り方など、あらゆる職業、ビジネスシーンで通用する構成術=ノウハウを獲得します。
・実践し、体感することで、構成術を自分のものにします。
・他の受講生のプレゼンから、多くの気づきと学びを手に入れます。

【講義概要】
伝え方は「順番」が命。せっかく企画を考えても、渾身の資料を作っても、なぜかイマイチ伝わらない、説得力がない…。そんな問題を解決する「順番の技術」が「構成術」です。テレビ番組では視聴者を捉えて離さないために、実は「順番の技術」がふんだんに使われており、これを総称して「構成術」と呼びます。自分が発信したいこと、仕事で伝えたいこと、あるいはここ一番のプレゼンテーションでも、より明確に効果的に伝えるための構成のスキルを手に入れましょう。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 2/ 1(土) 構成術を使って伝えてみる:テレビで使われている構成を知り、自分で使ってみよう。自分で作って発表することで、その力を体感しよう。
第2回 2020/ 2/ 8(土) テーマを決めて、削ぎ落とす:伝えたいことが、相手に伝わるか?シンプルにできているか?
第3回 2020/ 2/15(土) 言わずして相手に感じさせる技(1)
第4回 2020/ 2/22(土) 言わずして相手に感じさせる技(2)

備考

【ご受講に際して】
◆筆記用具(タブレット、PC、スマホなどでもOK)をお持ちください。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 村松 浩介
肩書き 放送作家
プロフィール 神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学教育学部卒業。テレビ作品:「池の水ぜんぶ抜く大作戦」「出没!アド街ック天国」「笑っていいとも!」 ライブ構成:RAG FAIR15周年ライブ「ヒッヒッフー&LIVE」「清塚信也×NAOTO ミュージックガレージ」
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.