検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-27 / その他教養:茶道 / 学内講座コード:340605

現代に生きる茶道(講義と実践) 今、利休が生きていたら

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月29日(水)~ 2月26日(水)
講座回数
5回
時間
13:00~15:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
30,219円
定員
15
その他
ビジター価格 34,179円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・茶道に関心を抱く人、お茶を立ててみたい方、もう一度基本から学び直したい方を対象にした茶道の入門講座です。生活の中の茶道を通し、茶道の意義、美しい所作、おもてなしの心など、「現代に生きる茶道」を考察します。
・茶道の「心・作法・技術」を学び、講義と実践を融合させ、現代の暮らしの中に見出せる利休の「わび茶のかたち・茶の心」を探り、深く日本文化に触れる事を目的とします。
・身近にあるものを工夫し、お抹茶でお客様を、もてなすことを目指します。

【講義概要】
・茶の湯という精神文化の扉をたたき、時代と共に日本人の心に根付き、生活の実態として現代に引き継ぐ、利休の「こころとかたち」を学習します。
・「茶道のことば」「茶の湯の道具」などの講義を受けたのち、立ち居振る舞いなど客側の心得、亭主は薄茶を点てるまで、主客双方の茶道の基礎を実践していただきます。
・今後継続して、茶道を学ぶ基本的な知識・心構え・技術を身に付け、次のステップにつなげていきます。冬講座は秋講座に続き、炉の点前を学びます。
・茶道の「楽しさ」「良さ」を体感し、茶道の心身を含めた健康へのかかわりと癒しの効果、おもてなしの心を学びます。

備考

【ご受講に際して】
◆正座ができない方のために、座ったまま点前できる立礼を用意しますので、お申し出ください。
◆受講料には、お茶・お菓子代等の実費が含まれます。
◆茶道実践に必要な持ち物は「懐紙」「扇子」「帛紗」「古帛紗」「楊枝」をご用意ください。お持ちでない方は初回に注文を受け付けます。(レンタルの場合500円~)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 伊澤 道夫
肩書き 裏千家淡交会埼玉県支部参与、茶道研究家
プロフィール 1948年東京都生まれ。茶道教授者・茶道研究家・茶の湯文化学会会員・萬葉学会会員。茶道裏千家関東第二地区委員長及び茶道裏千家淡交会埼玉県学校茶道連絡協議会委員長、茶道裏千家淡交会埼玉県支部幹事長を経て参与として、茶道の意義はもとより、学ぶ「楽しさ」「良さ」を多くの人に伝えている。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.