検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-25 / 哲学 / 学内講座コード:340518

終活時代 ― 日本と世界のお墓文化を考える

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月27日(月)~ 2月17日(月)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
24
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・日本と世界の葬送文化について理解を深める。
・少子高齢社会の問題点を理解する。
・近代日本人の死生観と家族意識を知る。

【講義概要】
日本と世界の葬送文化を一緒に学んでみましょう。「文化」という言葉が使われているのは、葬儀もお墓も人間しか行なわない文化行為です。世界遺産から、身近な現代の終活と、そのトラブル問題にも触れる講座です。ぜひご受講ください。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/27(月) 日本の葬送文化と歴史(三内丸山・吉野ヶ里から現代まで)
第2回 2020/ 2/ 3(月) 世界の葬送文化と歴史(ピラミッドから、ケネディ、プレスリーまで)
第3回 2020/ 2/10(月) 現代のお墓事情(実例とトラブル)散骨・樹木葬・永代墓
第4回 2020/ 2/17(月) 21世紀の葬送 セーフティネットを考える(死後事務委任 横須賀市の事例など)

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 長江 曜子
肩書き 聖徳大学教授、聖徳大学生涯学習研究所所長
プロフィール 1953年茨城県石の里稲田生まれ。都立八柱霊園付近で育つ。共立女子大、明治大学大学院博士、前・後期課程修了(専攻は、日本近代文学、宗教と文学修士)。共立女子大学大学院博士後期修了。博士(学術)。アメリカのお墓大学卒。世界45ヵ国の葬送文化と実務研究。聖徳大学教授、生涯研究所長、(株)加藤組石匠あづま家三代目社長。『欧米メモリアル事情』(石文社)、『世界のお墓文化紀行』(誠文堂新光社)他著書多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.