検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-23 / その他教養 / 学内講座コード:340517

芸術の脳科学 脳はどのように独創性を生むか

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月25日(土)~ 2月22日(土)
講座回数
4回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
12,898円
定員
24
その他
ビジター価格 14,680円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・芸術の根源となる美の神髄を知る。
・芸術がどのように言語化されるかを学ぶ。
・芸術を通して人間の本性について理解する。

【講義概要】
芸術には人びとの心を打つ、何か根源的な力があります。この講座では、「マジック」「音楽」「将棋」「絵画」という四つの芸術を取り上げながら、作品や技術が生み出される過程や、そうした創造的能力に必要な脳の条件とはどういうものかを探究していきます。人間の言語能力を手がかりにして、美的感覚を背景とした「芸術の力」の核心に迫ることが目標です。各分野の第一人者との対談集(テキスト)を合わせてお読み下さい。初回は、クロースアップ・マジシャンの前田知洋さんをゲストにお招きして、実演と解説を行います。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/25(土) なぜマジックは不思議なのか
第2回 2020/ 2/ 1(土) なぜ音楽は楽しいのか
第3回 2020/ 2/ 8(土) なぜ将棋は深遠なのか
第4回 2020/ 2/22(土) なぜ絵画は美しいのか

備考

【ご受講に際して】
◆講義中の質問を歓迎します。
◆事前にテキストの各章にできるだけ目を通していただけると、より深く理解していただけると思います。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『芸術を創る脳 ― 美・言語・人間性をめぐる対話』(東京大学出版会)(ISBN:978-4130033718)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 酒井 邦嘉
肩書き 東京大学教授
プロフィール 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。東京大学医学部 助手、マサチューセッツ工科大学 客員研究員などを経て現職。専門は言語脳科学。近著に『科学という考え方』(中公新書)、『考える教室』(実業之日本社)、『芸術を創る脳』『高校数学でわかるアインシュタイン』(東京大学出版会)などがある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.