検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-28 / 哲学 / 学内講座コード:340515

社会人のための必修教養講座 世界の諸宗教

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月30日(木)~ 2月27日(木)
講座回数
5回
時間
19:00~20:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
14,850円
定員
24
その他
ビジター価格 17,077円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・世界の大宗教の特徴を押さえる。
・キリスト教やイスラム教などの一神教と仏教や神道など日本の多神教との違いを知る。
・宗教文化と日常的な思考や習慣とのつながりを考える。

【講義概要】
日本文化は歴史的に仏教、儒教、道教、神道の影響を受けています。他方、西洋や中東などでは一神教が文化の根幹をなしてきました。今日、宗教に熱心な人も無関心な人も混在していますが、文化や習慣のレベルではみな宗教の影響下にあると言えます。信仰や救いの次元ではなく、文化の共通語としての宗教を眺めていきたいと思います。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/30(木) 世界にはどのような宗教があるか
第2回 2020/ 2/ 6(木) 一神教はどのように誕生し発展したか
第3回 2020/ 2/13(木) 西洋とイスラム圏の宗教感覚の違い
第4回 2020/ 2/20(木) なぜ仏教と神道は二人三脚でやってこれたのか
第5回 2020/ 2/27(木) 現代世界の宗教的変貌 ―― 原理主義、ニューエイジ、無神論

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 中村 圭志
肩書き 宗教学者、翻訳家、昭和女子大学講師
プロフィール 1958年北海道生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。宗教学者・翻訳家・著作家。著書に『教養としての宗教入門』『聖書、コーラン、仏典』(中公新書)、『人は「死後の世界」をどう考えてきたか』(角川書店)、『西洋人の「無神論」 日本人の「無宗教」』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.