検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-19 / 芸術 / 学内講座コード:340410

19世紀のクラシック音楽 ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」を知る

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月21日(火)~ 3月 3日(火)
講座回数
6回
時間
15:00~16:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
17,820円
定員
40
その他
ビジター価格 20,493円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・ひとりでは解読が難しい台本を、ともに考えながら理解する。
・ワーグナー音楽の美しさ、新しさ、毒を知る。
・CDのほか、動画も鑑賞し、舞台作品としての面白さを味わう。

【講義概要】
オペラに代わって「楽劇」を打ち立てた19世紀ドイツの巨人、リヒャルト・ワーグナー(1813-1883)。序曲は耳にしたことがあるけれど、全曲となると近寄り難くて……。そんな方にも、ワーグナーの魅力と魔力を実感して頂きます。人目を忍ばねばならない恋に落ちたトリスタンとイゾルデの、美しくも悲しい物語。その全3幕を、台本と音楽の両面からじっくりと解説します。作品をご存知の方にも、新しい視点を提供できれば。4月には東京文化会館(上野)にて、「東京・春・音楽祭」で同作が上演されます。その予習としても、どうぞ。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/21(火) 第1幕 (1)
第2回 2020/ 1/28(火) 第1幕 (2)
第3回 2020/ 2/ 4(火) 第2幕 (1)
第4回 2020/ 2/18(火) 第2幕 (2)
第5回 2020/ 2/25(火) 第3幕 (1)
第6回 2020/ 3/ 3(火) 第3幕 (2)

備考

【ご受講に際して】
◆毎回プリントを配ります。楽譜を示すことがありますが、読めなくとも大丈夫です。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『オペラ対訳ライブラリー:ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」』(音楽之友社)(ISBN:978-4276355514)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 舩木 篤也
肩書き 音楽評論家
プロフィール 1967年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。「読売新聞」で演奏評を、NHKで音楽番組の解説を担当。雑誌、公演プログラムにも執筆。東京藝術大学ほかでドイツ語講師。共著に『魅惑のオペラ・ニーベルングの指環』(小学館)、共訳書に『アドルノ 音楽・メディア論集』(平凡社)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.