検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-02-03 / 日本史 / 学内講座コード:340225

石橋湛山と小日本主義

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月 5日(水)~ 2月26日(水)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,910円
定員
42
その他
ビジター価格 10,246円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・石橋湛山はどのような思想を持っていたのか。同時代の政治経済思想と比較して理解を深める。
・なぜ戦前の日本と世界は自由貿易から保護貿易、そして戦争へと向かっていったのかを理解する。
・石橋湛山の思想や活動を現代にどのように生かしていくべきかを考える。

【講義概要】
石橋湛山は早稲田大学を卒業後、ジャーナリストとして政治経済に鋭い批評を行い、東洋経済新報社の伝統的な「小日本主義」の思想を受け継いで、植民地によらない貿易による平和的な日本の発展を目指した。しかし戦前の日本は湛山の主張とは逆の方向に進んでいく。その理由は何だったのか、そしてそうした時代に湛山はどのように向き合ったのか。戦後政治家に転身し、首相にも就任した湛山はどのような政策を目指したのか。湛山の思想と活動からどのようなことを学ぶべきなのか、理解を深める。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 2/ 5(水) 石橋湛山の人物 ー 思想と活動
第2回 2020/ 2/12(水) 「小日本主義」はなぜ実現しなかったのか
第3回 2020/ 2/26(水) 石橋湛山の目指したもの

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 牧野 邦昭
肩書き 摂南大学准教授
プロフィール 東京都出身。博士(経済学、京都大学)。専門分野は日本経済思想史(近現代)。主に1930-40年代の日本の経済学者・経済評論家の思想や活動を研究している。著書に『経済学者たちの日米開戦』(新潮選書)、『戦時下の経済学者』(中公叢書)、共著に『昭和史講義』(ちくま新書)などがある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.