検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-29 / 日本史 / 学内講座コード:340001

みやざきの神話と神楽を探求する ~神話の源流 はじまりの物語~

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月31日(金)~ 2月21日(金)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
5,720円
定員
100
その他
ビジター価格 6,578円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
宮崎県は、古事記や日本書紀に描かれた「日向神話」の舞台であり、県内各地に、神話ゆかりの地や神事芸能の「神楽」などの文化が数多く残されている、まさに「神話の源流」です。
今回の講座では、神話学や民俗学の観点から、「日向神話」の奥深さや「みやざきの神楽」の多様性についてみなさまと一緒に考えていきます。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/31(金) 「いきもの」からみる日向の神話
第2回 2020/ 2/ 7(金) 神楽にみる豊穣祈願
第3回 2020/ 2/14(金) 宮崎の芸能文化
―神楽面、神楽装束、人形など―
第4回 2020/ 2/21(金) 日本書紀にみる海幸山幸の物語

備考

【ご受講に際して】
◆本講座はやむを得ない事情により休講が発生した場合、補講は行わず休講回分の受講料をご返金いたします

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 平藤 喜久子
肩書き 國學院大學教授
プロフィール 1972年山形生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程修了。博士(日本語日本文学)。専門は神話学、宗教学。著書に『いきもので読む、日本の神話』(東洋館出版社)、『日本の神様解剖図鑑』(エクスナレッジ)、『日本の神様と楽しく生きる』(東邦出版)、『神社ってどんなところ?』(筑摩書房)などがある。
名前 小川 直之
肩書き 國學院大學教授
プロフィール 國學院大學文学部卒業。博士(民俗学)。南開大学客員教授(中国)。民俗学(伝承文化学)を専門とし、日本を中心に中国、インドなどでも伝承文化のフィールドワークを進める。『日本の歳時伝承』、『折口信夫・釋迢空―その人と学問―』などの著作がある。「みやざきの神楽魅力発信委員会」委員長を務める。
名前 大谷津 早苗
肩書き 昭和女子大学教授
プロフィール 博士(学術、昭和女子大学)。専門分野は民俗芸能、日本芸能史。全国約200カ所の人形芝居のかしら、宮崎の神楽面、装束などを調査。著書に『奈佐原文楽調査報告書』(共著)、『人形浄瑠璃の発生と展開に関する研究―各地の人形浄瑠璃のかしらを資料として―』(単著)などがある。
名前 大館 真晴
肩書き 宮崎県立看護大学教授
プロフィール 1972年宮崎県生まれ。國學院大學大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期修了、博士(文学)。奈良県立万葉文化館研究協力員。主な著書に『日本書紀の作品論的研究―人物造形のあり方を中心に―』(國學院大學大学院研究叢書)、『日本書紀【歌】全注釈』(共著、笠間書院)、『日本書紀と古代天皇の謎』(共著、株KADOKAWA)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.