検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-20 / 哲学 / 学内講座コード:240504

心の哲学 AI・脳科学時代の心のゆくえ

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月22日(水)~ 2月26日(水)
講座回数
6回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
17,820円
定員
30
その他
ビジター価格 20,493円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・心と身体(脳)の関係を理解し、心の本性に迫る。
・AIと脳科学の発展によって私たちの心がどう変わるかを見る。
・心の拡張、仮想現実、妄想について理解を深める。

【講義概要】
人工知能(AI)や脳科学の発展が目覚ましいが、このような時代において私たちの心はどうなっていくだろうか。私たちはますますAIと一体化していくだろうが、その中で「心の拡張」や「現実の多元化」を手に入れつつも、その反面、AIへの依存やそれによる自律性の喪失にも見舞われよう。このような心の変容を見据えながら、心の本性について考える。とくに心身問題、心の自律性、自己の統合性、魂の不滅性について理解を深める。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/22(水) 人工知能はどんな心を持つか
第2回 2020/ 1/29(水) 人機一体の心
第3回 2020/ 2/ 5(水) 仮想現実に生きる
第4回 2020/ 2/12(水) 妄想と心の統合性
第5回 2020/ 2/19(水) ネット依存症と現代の心の危機
第6回 2020/ 2/26(水) 魂は不滅か

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 信原 幸弘
肩書き 東京大学教授
プロフィール 東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は心の哲学。著書は、『意識の哲学』(岩波書店、2002年)、『シリーズ新・心の哲学』全3巻(共編著、勁草書房、2014年)、『情動の哲学入門』(勁草書房、2017年)、訳書は、P・チャーチランド『物質と意識(原書第3版) 』(共訳、森北出版、2016年)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.