検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-30 / 世界史 / 学内講座コード:240311

南極研究の最前線

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月 1日(土)~ 2月 1日(土)
講座回数
1回
時間
13:00~18:00 ※途中休憩をはさみます。
講座区分
1回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,910円
定員
30
その他
ビジター価格 10,246円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・南極氷床の将来安定性と、海面上昇に関する最新の研究動向を知る。

【講義概要】
南極氷床の急激な融解や融けた水の流入による海面の上昇は社会的にも重要な問題ですが、そのメカニズムには未解明の部分が多く、将来予測の不確定要素となっています。私はこれまで東南極での現地調査に基づき、過去の南極氷床が時代とともにどのように変化してきたのかを復元することによって、南極氷床の融解メカニズムの解明を試みてきました。本講義では、私が現在進めている研究プロジェクトを含めて、世界の南極氷床変動研究の最新動向と、明らかになってきた南極氷床の将来安定性と海面上昇についてお話ししたいと思います。

備考

【ご受講に際して】
◆本講座は、同講師の2018年度冬講座と内容が重複しますが、最新の研究動向から明らかになった知見を加え、一部再編成したものです。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 菅沼 悠介
肩書き 国立極地研究所准教授
プロフィール 1977年長野県生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。専門分野は地質学・古地磁気学。とくに野外調査から地球の気候変動と南極氷床の融解メカニズムの解明に取り組む。南極地域観測隊に過去5回参加し、南極氷床上で150日以上のキャンプ経験をもつ。文部科学大臣表彰若手科学者賞受賞。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.