検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-02-27 / 日本史 / 学内講座コード:240239

「きもの」の歴史と今 小紋染から江戸小紋へ

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月29日(土)~ 2月29日(土)
講座回数
1回
時間
13:00~16:30 ※途中休憩をはさみます。
講座区分
1回もの 
入学金
8,000円
受講料
5,940円
定員
30
その他
ビジター価格 6,831円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・日本の「きもの」について、その歴史や背景となる文化、またそのデザインや制作技法などを学ぶ
・「きもの」を通して日本の文化に対する理解を深める
・「きもの」の歴史と今を学ぶとともに今後のあり方についても考える

【講義概要】
本講座では、江戸時代以前から続く小紋染と、その伝統を引き継ぎ現代の「きもの」を彩る江戸小紋について取り上げます。小紋染とは、文様を彫り抜いた型紙を使い、細密で精緻な文様を染め表わす技法であり、江戸時代に武士の公服となった裃の柄として発展し、その流行は庶民にも広がりました。講座の中では、小紋染の起こりと発展、そして小紋染の伝統を現代に引き継ぐ江戸小紋と、その伝統を受け継ぐ人間国宝の技の魅力に迫ります。

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 福島 雅子
肩書き 学習院女子大学准教授
プロフィール 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程修了。博士(美術)。専門分野は、日本服飾史、染織史。主な著書に『徳川家康の服飾』(中央公論美術出版、2018年)、『江戸のきものと衣生活』(小学館、2007年、共著)、『日本史色彩事典』(吉川弘文館、2012年、共著)などがある。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.