検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-02-03 / 日本史 / 学内講座コード:240225

古地図を歩く ―初期の江戸図をめぐって―

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月 5日(水)~ 2月26日(水)
講座回数
4回
時間
15:00~16:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
30
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・古地図の利用の仕方、読み方がわかるようになること
・場所に隠された自然の力と人間の営為を確認できるようになること

【講義概要】
コンクリートとアスファルト、鉄を使った建造物に覆われた都心部でも、実際に歩いてみると尾根や谷筋、崖や坂など、地形は凹凸に溢れていることがわかります。また忘れられた川跡や水田跡も、おのずと見分けられるようになってきます。それをあらかじめ古地図で学ぶことは楽しいばかりではなく、地形や都市の成り立ちを理解し、さらに来るべき大災害に対処する知恵をはぐくむことでもあるのです。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 2/ 5(水) 古地図と考証図および「慶長の江戸図」3種について
第2回 2020/ 2/12(水) 「寛永江戸全図」と類縁図について
第3回 2020/ 2/19(水) 江戸図と初期江戸の記録および伝聞録にみる地形表現について
第4回 2020/ 2/26(水) 【見学会】明治大学図書館(駿河台)にて江戸図の複製と原本の見学

備考

【ご受講に際して】
◆見学は現地集合、現地解散です。移動に時間がかかりますので、お申し込みの際は、前後に余裕をお持ちください。
◆交通費等の費用は、別途実費ご負担となります。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 芳賀 啓
肩書き 出版社「之潮(コレジオ)」主宰、元東京経済大学客員教授
プロフィール 1949年仙台市生まれ。日本地図学会評議員。古地図や東京の地誌の研究家でNHK「美の壺」や民放の「タモリ倶楽部」などに出演。おもな著書に『場所・地図・記憶』(2010年)、『ビジュアル鳥瞰 江戸の崖 東京の崖』(2012年)、『古地図で読み解く 江戸東京地形の謎』(2013年)がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.