検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-25 / 文学 / 学内講座コード:240109

マザーグースを通してみるイギリス文化

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月27日(月)~ 3月 9日(月)
講座回数
5回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
14,850円
定員
50
その他
ビジター価格 17,077円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・イギリスについての理解を深める。
・マザーグースの魅力を探る。
・マザーグースのイギリス文化への影響の深さを知る。

【講義概要】
日本では“マザー・グース”として知られており、英語圏の人が生まれて最初に出会う英語の押韻詩であるナーサリー・ライムを通して、イギリスの文化をひも解いていきます。英詩の音声面の要素の重要性を改めて認識すると同時に、日本の文化をも見つめ直し、異文化理解の一端としたいとも思います。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/27(月) イギリス史とマザーグース(1)
第2回 2020/ 2/ 3(月) イギリス史とマザーグース(2)
第3回 2020/ 2/17(月) イギリス史とマザーグース(3)
第4回 2020/ 3/ 2(月) マザーグースとクリスマス
第5回 2020/ 3/ 9(月) イングランドのマザーグース

備考

【ご受講に際して】
◆初回に2018年度冬講座の復習と、マザーグースに関する基礎知識の説明を行ないます。
◆2018年度冬講座の続きですが、本講座からのご参加も歓迎いたします。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 鷲津 名都江
肩書き 元目白大学教授
プロフィール 文学修士(青山学院大学)・MA(ロンドン大学)。4歳より小鳩くるみの芸名でビクター専属歌手となり現在にいたるが、1986年にロンドン大学留学以降は教育活動並びにマザーグース等の研究に専念。著書に『わらべうたとナーサリー・ライム』(晩聲社)、『マザーグースと日本人』(吉川弘文館) ほか多数。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.