検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-05 / 健康・医療 / 学内講座コード:140648

体力の正体は筋肉 筋肉が健康を守る

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月 7日(火)~ 2月 4日(火)
講座回数
4回
時間
14:45~16:15
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
30
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・楽しくからだを動かすことの意義を理解する
・筋肉が健康を守っていることを理解する
・健康づくりに遅すぎることはないことを理解する

【講義概要】
「体力」とは何をさすのでしょうか。全身持久力や筋力、体の柔軟性などの「行動体力」を一般的に体力と呼びます。特に重要なのが、全身持久力と筋肉を動かす筋力。筋力は筋肉の断面積にほぼ比例します。つまり、「体力は筋肉」です。ところが、何もしなければ、40歳頃をピークに筋肉量も筋力も落ちる一方。特に、上半身より下半身のほうが急速に衰えます。そうならないための重要ポイントは「下半身と体幹を鍛えること」です。筋肉は何歳からでも鍛えられます。「もう遅い」ということはありません。
この講座では、筋肉の仕組みや役割をわかりやすく解説した上で、筋力アップに効果抜群の、ボート漕ぎのようにおこなう「ローイング」や、椅子を使った筋トレを実演を交えて紹介します。いずれも自宅で気軽にできて、体を傷めることもない運動です。
また、筋肉には、食事からとる栄養素も重要です。運動と食事は必ずセットにしなくてはなりません。では、タンパク質やビタミン類などをどのように、どれぐらいとるのがいいのか。量や組み合わせなども詳しく解説します。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/ 7(火) だれにも避けられない体力の衰え
第2回 2020/ 1/14(火) 筋肉は使わないとすぐに衰える“怠け者”
第3回 2020/ 1/21(火) 下半身と体幹の筋肉をきたえよ
第4回 2020/ 2/ 4(火) 筋肉にとっていい食事とは

備考

【ご受講に際して】
◆テキスト全体に目を通してきてください。
◆実演を交えて解説しますが、受講生の方が実際に講座中にトレーニングする講座ではございません。
◆講座内容は過去に開講した同名講座とほぼ同じです。
◆補講は2月18日を予定しています。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『体力の正体は筋肉』(集英社)(ISBN:978-4087210309)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 樋口 満
肩書き 早稲田大学名誉教授
プロフィール 1949年愛知県生まれ。名古屋大学理学部卒業。東京大学大学院教育学研究科修了。教育学博士(東京大学)。専攻は運動生理・生化学。現在、早稲田大学名誉教授。ハンガリー体育大学名誉博士。第20回秩父宮記念スポーツ医・科学賞功労賞を受賞。編著書に『ローイングの健康スポーツ科学』『体力の正体は筋肉』など多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.