検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-18 / 哲学 / 学内講座コード:140518

聖書を神話的・図像的に読む

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月20日(月)~ 3月 9日(月)
講座回数
7回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
20,790円
定員
30
その他
ビジター価格 23,908円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・旧約と新約からなる聖書の構造的な意味を理解する。
・宗教の土台にある神話的観点からの解釈を理解する。
・宗教画の「読み方」に繋がる基本的知識を習得する。

【講義概要】
西洋文明の二大潮流のひとつであるヘブライ・クリスチャンの神話を、原理的、象徴的、図像的に読み込んでみる。また、もうひとつの流れであるグレコ・ローマンの神話における神の捉え方との違いについても言及しつつ、できるだけ具体的に講義をすすめたい。日本語訳の聖書では読み込みが困難な場合には、英語の聖書(欽定訳)からの語源的知識などを援用しながら理解を深めたい。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/20(月) 旧約聖書と新約聖書
第2回 2020/ 1/27(月) 天地創造から楽園喪失にいたる神話の役割
第3回 2020/ 2/ 3(月) 第一の救世主モーセ
第4回 2020/ 2/10(月) 英雄たちの活躍(旧約)/四つの福音書(新約)
第5回 2020/ 2/17(月) 聖家族とイエスの布教
第6回 2020/ 3/ 2(月) イエスのたとえ話
第7回 2020/ 3/ 9(月) 十字架上の死と復活

備考

【ご受講に際して】
◆必要な資料は配付しますが、できれば「共同訳」の日本語聖書を手許に置いてください。英語の聖書を読んでみたい方は格調高い「欽定訳聖書」をおすすめします。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『日本語聖書(旧約・新約)』

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 西山 清
肩書き 早稲田大学名誉教授
プロフィール 略歴: 1949年生まれ。1980年早稲田大学文学研究科博士課程中退、同志社大学専任講師をへて1984年早稲田大学着任、2017年早期退職。学術博士。著書:『Keats's Myth of the Fall』(北星堂)、『聖書神話の解読』(中公新書)、『イギリスに花開くヘレニズム』(丸善プラネット)
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.