検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-06 / 哲学 / 学内講座コード:140508

「行」とは何か? 仏教における真理探究の理論と実践

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月 8日(水)~ 2月26日(水)
講座回数
8回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
23,760円
定員
55
その他
ビジター価格 27,324円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・仏教は行(修行)の宗教です。つまり「行」は仏教の核心という基本を学びます。
・ブッダが直弟子たちに要請した「行」を出発点に、「行」の歴史を仏教の最終形態である密教までたどり、「行」の本質を理解します。
・「行」はそれをささえる「理論」なしには成り立ちません。「行」と「理論」の関係を正しく把握します。
・インド・チベット・日本それぞれの「行」を紹介します。浄土真宗のような「行否定」の宗派があらわれた理由を解明します。
・「行」は現代社会に貢献できるか、問います。

【講義概要】
仏教の開祖ブッダが厳しい修行を体験して初めて悟りに到達したとおり、修行なしに仏教は成り立ちません。しかし修行の理論も実践も、仏教はその長い歴史において大きく変容してきました。およそ人間が思いつくありとあらゆる修行を開発した果てに、ついには浄土真宗のように修行否定の宗派さえ生み出しました。講座では、資料的な価値の高い文献にくわえ、理解に役立つ図像のような視覚資料をもちいて、できるかぎりわかりやすく進めますので、予備知識は全く必要ありません。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/ 8(水) ブッダの修行・修行の基本
第2回 2020/ 1/15(水) 唯識派とヨーガ(瑜伽)瞑想
第3回 2020/ 1/22(水) 真言・陀羅尼と瞑想の深遠な関係
第4回 2020/ 1/29(水) 念仏・題目・修行否定論の根拠
第5回 2020/ 2/ 5(水) インド密教の修行法 マンダラ瞑想
第6回 2020/ 2/12(水) 日本密教の修行法 五字厳身観と五相成身観
第7回 2020/ 2/19(水) 後期密教・チベット密教の修行法 性ヨーガの実態
第8回 2020/ 2/26(水) 現代人でも実践できる修験道と坐禅

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 正木 晃
肩書き 慶応義塾大学講師
プロフィール 1953年、神奈川県小田原市生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。専門は宗教学(日本仏教・チベット仏教)。文献研究に留まらず、現地調査を実施しチベット・ヒマラヤ地域の調査は20回に及ぶ。高度でありながら誰でも理解できる仏教学を志向。著作は『再興!日本仏教』、『現代日本語訳 法華経』など多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.