検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-07 / 哲学 / 学内講座コード:140507

『月上女経』を読む

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月 9日(木)~ 1月30日(木)
講座回数
4回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
50
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・大乗経典の『月上女経』を講読し、大乗仏教の思想について詳しく学びます。

【講義概要】
『月上女経』は、毘摩羅詰とその妻無垢の娘である月上女が授記されて菩薩となる物語です。
光かがやく美しさから「月上」と名づけられた彼女には、求婚者が続出します。彼女は自ら婿選びを行うといいますが、にわかに出家を決意すると、虚空を飛んで仏所へ向かいます。この部分は『竹取物語』との類似性が指摘されています。
また、月上女は仏所へ向かう途中で、舎利弗を批判したり、文殊菩薩と対話したりしています。この部分は、彼女の父親が毘摩羅詰(維摩詰)とされていることと共に、『月上女経』が『維摩詰経』と深い関係にあることを示唆しています。
この講座では『月上女経』を講読しながら、『維摩詰経』との関係や、『竹取物語』への影響について考察します。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/ 9(木) 『月上女経』を読む(1)
第2回 2020/ 1/16(木) 『月上女経』を読む(2)
第3回 2020/ 1/23(木) 『月上女経』を読む(3)
第4回 2020/ 1/30(木) 『月上女経』を読む(4)

備考

【ご受講に際して】
◆補講は2月6日を予定しています。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 吉村 誠
肩書き 駒澤大学教授
プロフィール 1969年東京都生まれ。早稲田大学大学院卒業。専攻分野:中国仏教、唯識学。著書:『中国唯識思想史研究―玄奘と唯識学派―』(大蔵出版)。編著:『玄奘三蔵と薬師寺』(薬師寺)。訳書:『続高僧伝I』(大蔵出版)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.