検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-05 / 日本史 / 学内講座コード:140216

1940年代以降の日本満洲移民

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月 7日(火)~ 1月28日(火)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
30
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
満洲移民とはなんであったのか。
それは日本戦時経済の中でどう位置づけられるのか。
政策と実施過程の流れを検討する。
最後に移民団の入植、開拓そしてそこで抱えた問題点を検討する。

【講義概要】
本講座では、1940年代以降の満洲移民の全貌と特徴を戦時経済体制の中で把握することを目的とする。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/ 7(火) 1940年代以降の満洲移民
第2回 2020/ 1/14(火) 1940年代以降の移民政策と入植地
第3回 2020/ 1/21(火) 1940年代以降の満洲農業移民の農業技術検討
第4回 2020/ 1/28(火) 満洲移民の到達点

備考

【ご受講に際して】
◆補講は2月4日を予定しています

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 小林 英夫
肩書き 早稲田大学名誉教授
プロフィール 1943年東京都生まれ。東京都立大学法経学部卒業。同大学院博士課程単位取得満期退学。専門分野は日本近現代史、アジア経済論、日本産業論(自動車産業)。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.