検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-20 / 日本史 / 学内講座コード:140204

邪馬台国と狗奴国 3世紀の日本列島

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月22日(水)~ 2月26日(水)
講座回数
6回
時間
14:45~16:15
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
17,820円
定員
50
その他
ビジター価格 20,493円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・『魏志倭人伝』に親しむ。
・邪馬台国を中心とする倭国の成立を、狗奴国との戦争との関連において理解する。
・「邪馬台国と狗奴国」問題を中心とする列島3世紀史を、歴史的前提とその後の歴史的展開の中で理解する。

【講義概要】
(1)2世紀後半の列島の国制について講義した後に、(2)3世紀の列島の国制を、(1)中華帝国(公孫氏および魏・晋)の列島支配、および (2)〈邪馬台国を中心とする倭国〉と〈狗奴国〉との戦争体制の観点から、『魏志倭人伝』、『後漢書倭伝』などの文献史料と古墳などの考古資料の双方に目配りしつつ、考える。(3)最後に、4世紀以降のヤマト政権体制の展開について、展望する。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/22(水) 卑弥呼以前
第2回 2020/ 1/29(水) 卑弥呼・台与政権(その1)― 『魏志倭人伝』『後漢書倭伝』の語る卑弥呼・台与政権
第3回 2020/ 2/ 5(水) 卑弥呼・台与政権(その2)― 考古資料の語る卑弥呼・台与政権
第4回 2020/ 2/12(水) 倭国と狗奴国(その1)
第5回 2020/ 2/19(水) 倭国と狗奴国(その2)
第6回 2020/ 2/26(水) その後のヤマト政権

備考

【ご受講に際して】
◆補講は3月4日を予定しています。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝(岩波文庫)』(岩波書店)(ISBN:978-4003340110)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 水林 彪
肩書き 早稲田大学名誉教授、東京都立大学名誉教授
プロフィール 山形県生まれ。博士(法学、一橋大学)。専門は日本法制史、比較法社会史。東京都立大学、一橋大学、早稲田大学などで、日本法制史、比較法社会史を担当してきた。主要著作は、『封建制の再編と日本的社会の確立』(山川出版社)、『記紀神話と王権の祭り』(岩波書店)、『天皇制史論』(岩波書店)。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.