検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-10-15 / 哲学 / 学内講座コード:330502

哲学の問題

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
10月17日(木)~11月21日(木)
講座回数
6回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
17,820円
定員
24
その他
ビジター価格 20,493円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・基礎的な問題に対しての哲学知を自分のものにする。
・固定概念、常識に囚われない思考を身に着ける。
・自己の生を反省する契機を持つ。

【講義概要】
ふだん、何気なく普通に思って、問題視していなかったことに対して、これまでの哲学の歴史の中で言われてきたことを紹介し、抽象的な理解ではなく、改めて人生の問題として考え直していきます。
例えば、第1回の「愛について」では、自分と似ているものに対する愛、自分に欠けているものに対する愛、自分を超えるものに対する愛、すなわち、フィリア、エロス、アガペを区別した後、愛に対して再考します。

【各回の講義予定】
第1回 2019/10/17(木) 愛について:自分と似ているものに対する愛、自分に欠けているものに対する愛、自分を超えるものに対する愛について再考します。
第2回 2019/10/24(木) 美または芸術について:どうして、どういうときに美を感じるのか、そして芸術の存在理由・意味はどこにあるのかについて考えていきます。
第3回 2019/10/31(木) 自由について:意思の自由、また市民的・政治的自由についての基本的な考えを紹介し、改めてこの問題を再考します。
第4回 2019/11/ 7(木) 労働と遊びについて:労働とは何か、ハンナ・アレントの区別(労働・仕事・活動)を踏まえて考えると共に、遊びの意義がどこにあるのか、そもそも遊びとは何かを再考します。
第5回 2019/11/14(木) 善悪について:善とは何か、悪とは何か、これまでの哲学説を紹介して、再考します。
第6回 2019/11/21(木) 暴力と権力について:暴力とは何か、何が暴力なのか、当たり前に理解していることについて再考します。また、権力とは何か、国家権力だけが権力なのか、現代思想を踏まえて再考します。

備考

【ご受講に際して】
◆ご自分の問題として考えていけるよう、講師からの話のあとに、具体的なご質問・ご意見をくだされば歓迎です。ただし、お願い・強制ということではありません。
◆テキストは特にありません。参考図書については随時、教室の中で紹介します。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 原 章二
肩書き 早稲田大学名誉教授
プロフィール パリ大学博士(哲学)。フランス近現代哲学・美学専攻。著書に『加藤一雄の墓』(筑摩書房)、『いのちの美学』(学陽書房)、『人は草である』(彩流社)他、訳書にベルクソン『精神のエネルギー』『思考と動き』(ともに平凡社ライブラリー)他、詩集に『不滅の女』『ソミュールの料理屋で』(ともに七月堂)などがある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.