検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-25 / 健康・医療:健康・介護 / 学内講座コード:320621

アロマセラピーと先端医療 アロマセラピーの基礎と応用

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月27日(土)~ 9月 7日(土)
講座回数
6回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
17,496円
定員
24
その他
ビジター価格 20,120円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・アロマセラピーとはどのようなものかを理解する。
・アロマ(香り)が脳にどのように作用して心身を調節するのかを理解する。
・アロマセラピーにより認知症やがんなどの疾病の予防や改善に役立つことを理解する。
・アロマセラピーの介護・看護領域での臨床応用について理解する。

【講義概要】
アロマは「香り」、セラピーは「施術」という意味です。匂いを嗅ぐことによって認知機能の向上や精神安定作用の調節など、ヒトの健康のみならず社会行動にも嗅覚情報は深く関与しています。本講座では、アロマセラピーの理解を深め、認知症、がんあるいはそれ以外の疾病の予防や改善にアロマセラピーがどのような役割を演じているかを理解してもらいます。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 7/27(土) アロマの歴史と精油について(塩田)
第2回 2019/ 8/ 3(土) 香りと嗅覚機能について(塩田)
第3回 2019/ 8/10(土) 認知症とアロマについて(塩田)
第4回 2019/ 8/24(土) 女性特有疾患とアロマについて(塩田)
第5回 2019/ 8/31(土) 日常生活でのアロマの応用(所澤)
第6回 2019/ 9/ 7(土) 介護・看護領域におけるアロマの応用(所澤)

備考

【ご受講に際して】
◆バスタオル(1枚)を第6回目のご講義にお持ちください。

【テキスト・参考図書】
参考図書
『〈香り〉はなぜ脳に効くのか ― アロマセラピーと先端医療』(NHK出版新書)(ISBN:978-4140883853)
『高齢者へのアロマセラピー』(日本看護協会出版会)(ISBN:978-4818019232)
『アロマセラピー学』(悠光堂)(ISBN:978-4906873746)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 塩田 清二
肩書き 星薬科大学先端生命科学研究所 特任教授
プロフィール 1949年東京生まれ。早稲田大学教育学部生物学専修卒業後、新潟大学理学研究科修士課程修了。理学修士(新潟大学)。医学博士(昭和大学)。専門分野は神経科学、解剖学。著書に『〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療』(NHK出版)、『スポーツアナトミー』(丸善)などがある。
名前 所澤 いづみ
肩書き 看護師、介護支援専門員
プロフィール 聖隷学園浜松衛生短期大学を卒業後、看護師として勤務。メディカルアロマに出会い、2003年メディカルアロマ&リフレToriを独立開業。がん患者や慢性疼痛患者に施術を行う。施術による疼痛緩和の研究で神奈川県立保健福祉大学大学院で修士(看護学)取得。著書に『高齢者へのアロマセラピー』(日本看護協会出版会)などがある。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.