検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-08-19 / 芸術 / 学内講座コード:320409

19世紀イギリス美術入門 美術批評家ジョン・ラスキンと画家たち

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
8月21日(水)~ 9月 4日(水)
講座回数
3回
時間
10:30~12:00
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,748円
定員
24
その他
ビジター価格 10,060円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
19世紀イギリスを代表する画家・作品に親しみ、美術批評・美術批評家の重要性について理解を深める。

【講義概要】
2019年はジョン・ラスキンの生誕200周年です。ターナーからラファエル前派、ホイッスラーまで、多くの画家たちを批評したラスキンなくして、19世紀イギリス絵画を語ることはできません。美術にはじまり、風景、社会、国家、文明、そして心や知のありようまで説いたラスキンの言葉は、混迷の時代を生きる私たちの心にも、強く響きます。ラスキンの批評を手がかりに19世紀イギリス美術の世界を旅してみませんか。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 8/21(水) 19世紀イギリス美術とラスキン
第2回 2019/ 8/28(水) ラスキン、人と仕事 ――「心はますます柔らかに、その血はますます温かに」
第3回 2019/ 9/ 4(水) ラスキンの美術批評 ―― ターナー、ラファエル前派、ホイッスラー

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 三木 はるか
肩書き 美術史家
プロフィール 日本放送協会(NHK)に勤務後、マンチェスター大学大学院にてMA取得(西洋美術史学専攻)。学習院大学人文科学研究科美術史学専攻博士後期課程在籍(単位修了)。専門は19世紀イギリス絵画史、近代日本における美術批評家ジョン・ラスキンの受容史。共訳書に『世界の肖像』『世界の素描』(ともに二玄社)ほか。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.