検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-16 / 世界史 / 学内講座コード:320305

独裁者のデザイン 希望と刃のデザイン手法を考える

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月18日(木)~ 8月 1日(木)
講座回数
3回
時間
19:00~20:30
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,748円
定員
24
その他
ビジター価格 10,060円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
デザインは、使い方によって希望を与える一方、悪夢に引きずり込むこともできる。なかでも悪夢のデザイン手法の特徴を理解する。

【講義概要】
ムソリーニ、ヒトラー、スターリン、毛沢東など歴史を揺るがした独裁者たちは、どのように権力を握り、支配を確立していったのか、デザイン手法の面から分析していきたいと思います。独裁者はみな同じようなデザイン的特徴を持っています。それをおおまかに6つに分けてみると、
1、自分を大きく見せようとする、つまり独裁者自らの神話化を図る。
2、凝視することによって独裁者自身の意志の強さを強調する。
3、未来を視野に入れ、その帰趨を握っていることを強調する。
4、自らの成果を水増しする。
5は、独裁体制の(まやかしの)楽しさを強調する。
6は、ひたすら敵をつくる。
こうして列挙すると、これらの手法は、独裁者・独裁体制だけに限ったものではなく、政府・行政機関、政治団体、宗教団体、選挙、企業広告などのイメージ戦略として日常的に使われていることがわかります。そこが「デザイン」のおもしろさでもあり、怖さです。講義ではそれらを豊富な図版とともに展開したいと思います。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 7/18(木) 「視線」のデザイン
第2回 2019/ 7/25(木) 「繰り返し」のデザイン
第3回 2019/ 8/ 1(木) 「敵」のデザイン

備考

【テキスト・参考図書】
参考図書
『RED ヒトラーのデザイン』(左右社)(ISBN:978-4865281767)
『HATE !』(左右社)(ISBN:978-4865282054)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 松田 行正
肩書き グラフィック・デザイナー
プロフィール 書籍を中心に、シンプルで力強いデザインをめざしているグラフィック・デザイナー。「オブジェとしての本」を掲げるミニ出版社牛若丸主宰。『眼の冒険』(紀伊國屋書店)で第37回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞など、受賞歴多数。著書多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.