検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-31 / 日本史 / 学内講座コード:320219

『平和』の到来 ― 戦国終焉と江戸開幕 ―

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
8月 2日(金)~ 8月30日(金)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
11,664円
定員
24
その他
ビジター価格 13,413円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講義概要】
100年の戦国時代を終焉させ、250年以上続く「平和」へと、大きく時代を逆転させた徳川家康から3代将軍家光の時代の政治と社会のリアルを現代の視点から考える。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 8/ 2(金) 「平和」と「文明化」の265年:織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が達成した「近世日本」の「平和」と「文明化」の日本史上の位置を考える。
第2回 2019/ 8/ 9(金) 「平和」の到来:家康と2代将軍秀忠時代の政治と社会を追究し、戦国の終焉と「平和」への移行を意義づける。
第3回 2019/ 8/23(金) 首都江戸の誕生:3代将軍と言う光の時代にフォーカスし、国内制度・システムの整備を通じて、PAX TOKUGAWANA(徳川の平和)の到来を考える。
第4回 2019/ 8/30(金) 鎖国と日本人:3代家光の時代の外交体制の確立の実態を見ながら、「鎖国」の意義を考察する。

備考

【テキスト・参考図書】
テキスト
『新しい江戸時代が見えてくる』(吉川弘文館)(ISBN:978-4642081047)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 大石 学
肩書き 東京学芸大学特任教授
プロフィール 1953年生まれ。東京学芸大学卒業、同大学院修士課程修了。筑波大学大学院博士課程単位取得。日本学術振興会奨励研究員、同特別研究員、名城大学助教授、東京学芸大学教授などを経て現職。主な著書に『近世日本の統治と改革』(吉川弘文館)ほか。大河ドラマ「篤姫」「西郷どん」など時代考証を担当。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.