検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-08-04 / 日本史 / 学内講座コード:220207

明智光秀の「実像」とその時代

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
8月 6日(火)~ 8月27日(火)
講座回数
3回
時間
13:00~14:30
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,748円
定員
50
その他
ビジター価格 10,060円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・明智光秀の実像を、最新の研究成果からせまる。
・明智光秀の生きた時代や社会の理解を深める。
・史料に基づいた歴史像に関心をもつ。

【講義概要】
2020年NHK大河ドラマは、戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」が予定されています。明智光秀は、主君の織田信長を討った反逆者また「革命児」信長についていくことのできなかった「常識人」として、これまでとらえられてきました。ところが、近年の信長研究の進展に伴い、光秀についても、その「実像」が見直されだしています。本講座は、近年の研究成果をふまえ、光秀の「実像」と彼が生きた時代・社会をみます。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 8/ 6(火) 光秀の出自と台頭
第2回 2019/ 8/20(火) 天下周縁の守衛を担う重鎮
第3回 2019/ 8/27(火) 本能寺の変へ

備考

【ご受講に際して】
◆本講座は、同講師の2019年度春講座の内容を明智光秀の視点からみる、関連講座でもあります。

【テキスト・参考図書】
参考図書
『図説 明智光秀』(戎光祥出版刊)(ISBN:978-4-86403-305-3)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 柴 裕之
肩書き 東洋大学講師
プロフィール 1973年東京生まれ。東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。現在、東洋大学文学部非常勤講師。専門は、日本中近世移行期政治・社会史。単著『徳川家康―境界の領主から天下人へ―』(平凡社、2017年)、『シリーズ実像に迫る17 清須会議』(戎光祥出版、2018年)ほか。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.