検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-09 / その他教養:政治 / 学内講座コード:120703

ロッキード事件の真実を暴く

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月11日(木)~ 8月 1日(木)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
11,664円
定員
50
その他
ビジター価格 13,413円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・15年を費やした日米長期取材の結果を明らかにし、ロッキード事件の謎を解く。
・田中角栄が「巨悪」とされた事件の全体像を改める。

【講義概要】
2018年夏に一部取り上げた「ロッキード事件」は入口に触れただけでした。今回は、これまで流布した、さまざまな陰謀説の真相を暴き、講師が発見した数々の新事実を積み重ねて、事件全体を解明する、全く新しい講義となります。講師の著作刊行を前に、事件が日米関係の深層と絡むことを描きます。
毎回手作りの資料を配ります。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 7/11(木) 陰謀はあったのか、なかったのか、解き明かします
第2回 2019/ 7/18(木) そもそもロッキード事件はなぜ起き、発覚したのか、その理由を探ります
第3回 2019/ 7/25(木) 田中角栄はなぜ、いかにして逮捕されたのか、真相に迫ります
第4回 2019/ 8/ 1(木) 解明されなかった「巨悪」とは何か

備考

【ご受講に際して】
◆補講は8月8日を予定しています。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 春名 幹男
肩書き 国際ジャーナリスト、元共同通信ワシントン支局長
プロフィール 共同通信ワシントン支局長などで在米報道12年。名古屋大学教授、早稲田大学客員教授を歴任。国連から国務省、ホワイトハウス、CIAなどを現地で取材、インテリジェンスと核を軸に世界を探る。外務省の「密約」調査では有識者委員を務めた。CIAの対日工作を初めて文書で証拠付けた『秘密のファイル』など著書多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.