検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-10 / 芸術 / 学内講座コード:120405

絵巻と浮世絵の世界 海外流出絵巻の謎に迫る!

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月12日(金)~ 8月 2日(金)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
11,664円
定員
30
その他
ビジター価格 13,413円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・絵巻を絵と詞書だけではなく装丁なども含め総合的に鑑賞する力をつける。
・お宝絵巻を通じて詞書のくずし字を読む力を身につける。
・海外所蔵絵巻の実態に触れる。

【講義概要】
日本の絵巻は美術品として国内だけではなく海外にも伝わっています。海外所蔵絵巻は美術品としての価値だけでなく、流出の過程に興味深いエピソードを持つものが少なくありません。また、単にキレイなだけでなく、学術上の価値が高いものが多くあります。本講座では、シカゴ美術館を中心に海外の美術館に所蔵されている絵巻を紹介し、その制作や伝来にまつわる「謎解き」に挑戦してみようと思います。絵だけではなく詞書のくずし字読解力も身につけます。皆様と楽しみながらお宝絵巻に触れていきたいと思います。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 7/12(金) 開講にあたって―物語絵巻をめぐって―
第2回 2019/ 7/19(金) 海外所蔵絵巻について
第3回 2019/ 7/26(金) シカゴ美術館所蔵の絵巻―鑑賞と解説(1)―
第4回 2019/ 8/ 2(金) シカゴ美術館所蔵の絵巻―鑑賞と解説(2)―

備考

【ご受講に際して】
◆毎回、講師所蔵の古美術品や古典籍を持参して皆様と鑑賞したいと思います。
◆補講は8月9日を予定しております。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 深谷 大
肩書き 早稲田大学演劇博物館招聘研究員、中京大学講師
プロフィール 東京生まれ。早稲田大学大学院修了。博士(文学)(早稲田大学)。専攻は江戸時代を中心とした日本文化(芸能・文学・美術)。中京大学等で講師を務める一方、サントリー美術館や千葉市美術館などの展覧会の企画に携わる。著書に『岩佐又兵衛風絵巻群と古浄瑠璃』(ぺりかん社)、『岩佐又兵衛全集』(藝華書院)等がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.