検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-05-09 / 社会:法務 / 学内講座コード:310705

ニュースの街を歩く

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
5月11日(土)~8日(土)
講座回数
5回
時間
15:00~16:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
14,580円
定員
24
その他
ビジター価格 16,767円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・報道で大きく取り上げられた地方の街について、講師の実踏ルポを通じて正しく知る。
・地方都市の出来事を客観的に理解して「日本の側面、裏面」を知る。
・一部の報道の偏向を見抜き、印象操作されない習慣を身につける。

【講義概要】
テレビに新聞、雑誌にインターネット、私たちの周りには多くのニュースがあふれています。しかし中には特定の意図を伴い、受け手に偏った印象を植えつける作為的な報道もあります。特に最近は東京から遠い地方都市や地域に関して、誤ったイメージを流布する報道も少なくありません。本講座では全国各地を自身の足で歩き続ける講師が、ニュースで頻繁に取り上げられた街を実際に歩き、スライド併用の講義で見たまま感じたまま客観的にお伝えします。ニュースは画面でも誌面でもなく、現場で起こっています。さまざまな地域の現状を正しく知ることで、「日本のいま」について理解を深めていただければ幸いです。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 5/11(土) 原発の街ぶらり旅?北へ ― 北海道泊村
第2回 2019/ 5/18(土) 公害の街と呼ばれて ― 熊本県水俣市
第3回 2019/ 5/25(土) 「マンガの街」から「復興の街」へ ― 宮城県石巻市
第4回 2019/ 6/ 1(土) 特攻と小京都 ― 鹿児島県(旧)知覧町
第5回 2019/ 6/ 8(土) 毒ぶどう酒の汚名と共に半世紀 ― 三重県名張市

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 カベルナリア 吉田
肩書き 紀行ライター
プロフィール 1965年北海道生まれ、早稲田大学卒業。沖縄と島を中心に全国を歩き、紀行文を執筆。近著は『大人の「ひとり休日」行動計画』(WAVE出版)、『何度行っても変わらない沖縄』(林檎プロモーション)、『突撃!島酒場』(イカロス出版)、『狙われた島~数奇な運命に弄ばれた19の島』(アルファベータブックス)。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.