検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-10-13 / 日本史 / 学内講座コード:230231

戦後沖縄史

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
10月15日(月)~11月19日(月)
講座回数
6回
時間
15:00~16:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
17,496円
定員
30
その他
ビジター価格 20,120円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・今日の「沖縄問題」の背景として戦後沖縄史を捉え、その理解を目指します。

【講義概要】
本講座では沖縄における終戦直後から今日までの歴史を学びます。今日の「沖縄問題」には、米軍基地問題、日本政府と沖縄県の緊張関係、沖縄アイデンティティの高揚や独立論など、多くの論点があります。これらを理解するためには、米軍占領と基地建設、日本復帰運動、沖縄返還の実現、復帰後の日米関係と沖縄について知らなくてはなりません。問題形成の過程を理解することによって「沖縄問題」解決のための手がかりを探ります。

【各回の講義予定】
第1回 2018/10/15(月) 米軍による沖縄統治
第2回 2018/10/22(月) 復帰運動の始まりと島ぐるみ闘争
第3回 2018/10/29(月) 沖縄における復帰運動の展開
第4回 2018/11/ 5(月) 沖縄返還交渉
第5回 2018/11/12(月) 復帰体制の確立
第6回 2018/11/19(月) 復帰後の沖縄政治

備考

【テキスト・参考図書】
参考図書
『沖縄現代史』(中央公論新社)(ISBN:978-4-12-102342-1)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 小松 寛
肩書き 千葉大学特任研究員
プロフィール 1981年沖縄県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業後、同大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(学術・早稲田大学)。専門分野は国際関係論、戦後沖縄政治。著書に『日本復帰と反復帰:戦後沖縄ナショナリズムの展開』(単著、早稲田大学出版部)、『沖縄が問う日本の安全保障』(共著、岩波書店)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.