検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-10-13 / 日本史 / 学内講座コード:230202

怨念と鎮魂の日本史

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
10月15日(月)~12月 3日(月)
講座回数
8回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
23,328円
定員
30
その他
ビジター価格 26,827円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講義概要】
9世紀末以降、日本人特有の霊魂観に基づく怨霊思想が現出した。「非業の死を遂げた人の霊は、さ迷い残って世の中に祟りの形で仇をなし怨念を晴らそうとする」とした怨霊思想は、各時代の主導者たちの精神世界を大きく左右し、歴史の様々な面に強い影響を及ぼした。その結果、王族・貴族・武士それぞれの立場から無数の怨霊を輩出することとなった。本講座では、平安時代の代表的怨霊に焦点を絞り、彼らの怨念と鎮魂の実相を理解していく。

【各回の講義予定】
第1回 2018/10/15(月) 怨霊(御霊)信仰の誕生
第2回 2018/10/22(月) 右大臣家の悲劇―長屋王
第3回 2018/10/29(月) 幼帝の憂鬱―清和天皇
第4回 2018/11/ 5(月) 神になった文人貴族―菅原道真
第5回 2018/11/12(月) 坂東の反逆児―平将門
第6回 2018/11/19(月) 地獄に堕ちた才女―紫式部
第7回 2018/11/26(月) 日本国の大魔縁―崇徳上皇
第8回 2018/12/ 3(月) 怨霊の鎮魂者―安倍晴明

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 鈴木 哲
肩書き 日本大学講師・学習院大学講師
プロフィール 1948年千葉県生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科単位取得退学。専門分野は平安貴族の精神史。著書として『闘譲と鎮魂の中世』(山川出版社)、『文明と文化の諸相』(南窓社)、『怨霊の宴』(新人物往来社)などがある。日本大学等の大学で講義のほか、早稲田大学・学習院大学などで社会人講座を担当。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.