検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-11 / その他実用:その他趣味 / 学内講座コード:320607

己書(おのれしょ)を描く 筆を持つことの豊かさを再確認して自由に描き心の豊かさを引き出す

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月13日(金)~ 9月 7日(金)
講座回数
5回
時間
13:00~14:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
20,940円
定員
15
その他
ビジター価格 23,856円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
初心者は最初ひらがなや書や絵の基本となる円を描く練習を通じて、描く事に対する自信をつけましょう。継続生の方は透明水彩絵の具を使い絵と書が描けるように。初めての方は真似ることから始まり、自己の心にある言葉を書にします。練習しているうちに自分らしい描き方を見つけることができます。

【講義概要】
己書とは、己(それぞれの個性)の書(文字や絵を描く)。習字のようなカタチがあるものではなく、自分の中にあるモノを自由に描く書です。そのキッカケとして師範のお手本を楽しく描き、書や画を好きになることが目的です。「自分らしく! 適当に! 楽しく!」文字に対するコンプレックスを解消し、コミュニケーション能力を高めます。筆ペンを使って自由に書画を描き、その「楽しさ」「大切さ」や「手書きの温かさ」を学べます。

備考

【ご受講に際して】
◆推奨の道具は以下になります。各自でご用意ください。
ぺんてる筆太字(品番XFL2B)または、ぺんてる筆中字(品番XFL2L)ぺんてる筆うす墨(品番XFL3L)、絵を描く場合の道具は、100円ショップの水彩筆が一本あれば充分です。色鉛筆もあれば幅が広がります。
◆受講料には色紙、ハガキなどの材料費を含みます。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 馬淵 将樹
肩書き 日本己書道場副総師範
プロフィール 名古屋市生まれ。「自由な自己表現」「心を映す我流の書であり、唯一無二の己書」という己書総師範杉浦先生の考えに感銘し道場師範を取得。現在は副総師範及び己書本部長を兼任。名古屋を中心に東京都内でも己書道場を開催。初めての方から師範を目指す方まで己書の楽しさを伝えます。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.