検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-15 / 文学 / 学内講座コード:320109

書く 書く 読む 読む 実践文芸創作工房

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月17日(火)~ 9月 4日(火)
講座回数
4回
時間
12:30~14:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
20,736円
定員
15
その他
ビジター価格 23,846円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
小説とは何か。実作を体験することで、言葉に集約される五感のはたらきを確認して、文章表現の奥深さを知る。小説を書くための基礎体力づくりを目指す。

【講義概要】
文学は言葉だけで築かれた「美」の世界です。小説はその型式のうちの一つ。各回の授業の前半は先行作品の実例をいくつか取り上げて、受講生とともに小説とは何かについて考えていきたい。後半は実践的な課題に即して実作に取り組む。純文学、エンタテインメント、自分史などのチームに分かれて、それぞれで合評会を行う。いずれは同人雑誌発行を目指したい。

備考

【ご受講に際して】
◆400字詰め原稿用紙数枚程度の創作の宿題があります。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 長谷川 郁夫
肩書き 大阪芸術大学教授、文芸編集者
プロフィール 1947年神奈川県生まれ。早稲田大学文学部在学中に出版社・小沢書店を創立。2000年9月までの30年間に代表取締役として約700点の文芸書の編集・制作に携わる。2007年より現職。著書『吉田健一』(新潮社)で大佛次郎賞受賞。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.