検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-08 / 自然科学・環境 / 学内講座コード:220726

植物はなぜ薬を作るのか

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月10日(火)~ 7月31日(火)
講座回数
4回
時間
10:30~12:00
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
11,664円
定員
30
その他
ビジター価格 13,413円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・植物から得られる薬となる成分について知識を深め、なぜどのように植物は薬となる成分を作るのかについて学びます。
・さらに、人間と植物との奥深い関係を学び、今後の地球環境や人類の未来を考えます。

【講義概要】
古代から人間は植物のもつ成分を薬として使ってきました。しかし、なぜどのように植物が薬を作るのかがわかってきたのは、植物のゲノム解読が進んだ、つい最近のことです。本講座では、植物が作る薬や成分の例も交えながら、最先端の研究を紹介しつつ、人間と植物と薬の奥深い関係を学びます。

備考

【テキスト・参考図書】
テキスト
『植物はなぜ薬をつくるのか』(文藝春秋)(ISBN:978-4166611195)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 斉藤 和季
肩書き 千葉大学教授
プロフィール 1977年東京大学薬学部卒業後、同大学大学院を経て、薬学博士号取得。現在、千葉大学大学院薬学研究院・教授、理化学研究所環境資源科学研究センター・副センター長。生薬学、薬用植物や植物成分のゲノム機能科学、バイオテクノロジーなどの研究教育に携わる。著書に『植物はなぜ薬をつくるのか』(文春新書)などがある。
名前 山崎 真巳 
肩書き 千葉大学准教授
プロフィール 千葉市生まれ。千葉大学薬学部卒業後、同大学院薬学研究科博士課程修了。薬学博士。専門分野は、生薬学、植物分子生物学、植物ゲノム科学。著書(分担執筆)に『植物学の百科事典』(丸善)、『岩波生物学辞典』、『アルカロイドの科学』(化学同人)等がある。
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

植物はなぜ薬を作るのか (文春新書)
植物はなぜ薬を作るのか (文春新書)
斉藤和季 (著)
価格: (税込)
出版社:文藝春秋(2017-02-17)
植物はなぜ薬を作るのか (文春新書)
植物はなぜ薬を作るのか (文春新書)
斉藤 和季 (著)
価格: (税込)
出版社:文藝春秋(2017-02-17)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.