検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-10 / 自然科学・環境:その他教養 / 学内講座コード:220704

石の謎を探る~どんな鉱物がどんな場所で見られるか~

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月12日(木)~ 8月30日(木)
講座回数
6回
時間
10:30~12:00
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
17,496円
定員
30
その他
ビジター価格 20,120円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・鉱物が自然界でどのように産出しているかを学ぶ
・実際、鉱物を見られる場所を具体的に知る

【講義概要】
鉱物の基本的な性質(物性、化学組成)はどこからもたらされるかを最初に講義し、それらがどのような地質環境で作られたのかを解説する。次に、それから派生する鉱物組み合わせ(鉱物の集合と化学成分の関係)について講義する。4回目には、国立科学博物館の鉱物、岩石、地質の展示を見ながら、鉱物産出環境を説明する。その後は鉱物産出地の具体的な例をいくつかとりあげる。

【各回の講義予定】
第1回 2018/ 7/12(木) 鉱物の基礎
第2回 2018/ 7/19(木) 鉱物のできる場所
第3回 2018/ 7/26(木) 鉱物のさまざまな組合せ
第4回 2018/ 8/ 2(木) 【見学会】国立科学博物館の展示見学
第5回 2018/ 8/23(木) 鉱物産出地の例(1)
第6回 2018/ 8/30(木) 鉱物産出地の例(2)

備考

【ご受講に際して】
◆鉱物を拡大して見るために、お持ちの方はルーペ(倍率10倍前後)をご持参ください。どのようなものかよくわからない場合は、持参しなくてかまいません。第1回目に説明があります。
◆見学会は現地集合、現地解散となります。
◆「国立科学博物館」の入館料、交通費等は別途実費ご負担となります。

【テキスト・参考図書】
参考図書
『鉱物肉眼鑑定事典』(秀和システム)(ISBN:978-4798052335)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 松原 聰
肩書き 国立科学博物館名誉研究員
プロフィール 京都大学大学院理学研究科博士課程中退。国立科学博物館地学研究部に勤務し、地学研究部長を務めた後定年退職。理学博士(東京大学)。専門は鉱物科学。著書に『ダイヤモンドの科学』(講談社)『新鉱物発見物語』(岩波書店)『日本の鉱物』(学研)『鉱物ウォーキングガイド関東甲信越版』(丸善)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.