検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-07 / 日本史 / 学内講座コード:220210

江戸の社会と生活

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月 9日(月)~ 9月 3日(月)
講座回数
7回
時間
13:00~14:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
20,412円
定員
30
その他
ビジター価格 23,473円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・江戸の社会のありようや、そこでくらす人びとのようすを、具体的にみていき、江戸の新たな発見につながるようにします
・多様な史料を通じて、これまであまり知られていなかった江戸の実相に迫ります

【講義概要】
江戸の社会と生活をみていくために、本講座では、特別な覗き穴を設けて、そこから見えてくる江戸の社会のありようや、そこでくらす人びとの生活のようすを、なるべく具体的に説明していきます。全体としては必ずしもまとまりのあるものにはなりませんし、多少の逸脱もありますが、一つ一つの覗き穴からみえてくる江戸の姿は、これまであまり知られていなかった新鮮なものとなるはずです。

【各回の講義予定】
第1回 2018/ 7/ 9(月) 「世事見聞録」による江戸後期の寺社人・医師の生活風俗
第2回 2018/ 7/23(月) 泰平の眠りをさますかわら版~きんぱさんちょろ、その意味は?
第3回 2018/ 7/30(月) 泰平の眠りをさますかわら版~漂流者たちの物語
第4回 2018/ 8/ 6(月) 新選組と多摩~京都編~
第5回 2018/ 8/20(月) 多摩農兵隊~幕末の武装農民部隊~
第6回 2018/ 8/27(月) 小貝川舟運における中核河岸・道仙田河岸の機能と役割
第7回 2018/ 9/ 3(月) 褒賞記録からみた町人の生活

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 加藤 貴
肩書き 早稲田大学講師
プロフィール 1952年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学。東京都北区教育委員会文化財専門員などを経て、現在早稲田大学教育学部講師・東京都北区文化財保護審議会委員。専門は日本近世史・都市史。編著書に『東京都の歴史』(山川出版社、共著)、『大江戸歴史の風景』(同)、『江戸図屏風を読む』(東京堂出版、共編著)、『徳川制度(上・中・下)』(岩波文庫、校注)等。
名前 田中 葉子
肩書き 東京都北区教育委員会文化財専門員
プロフィール 立教大学文学研究科満期退学。専門は、日本近世史、かわら版を研究素材とする。著書に『浦賀大変!かわら版にみる黒船来航』(田中・斎藤純編 浦賀歴史研究所、2014年)、論文に「ペリー来航をめぐる狂歌―「泰平の眠りをさますじようきせん」の検討―」(『開国史研究』6号 横須賀開国史研究会 2006年)など。
名前 松下 尚
肩書き 日野市立新選組のふるさと歴史館学芸員
プロフィール 1977年東京都生まれ。明治大学大学院文学研究科日本史学専修中退。2007年より現職。『描かれた新選組』『日野宿いろは』『銃砲から見た近代の夜明け』など、日野市立新選組のふるさと歴史館発行の出版物を多数執筆。コンテンツ文化史学会員。
名前 森 朋久
肩書き 明治大学講師
プロフィール 明治大学大学院文学研究科史学専攻日本史学専修修了。博士(史学、明治大学)。東京都足立区郷土博物館専門員などを経て現職。専門は、日本近世史、藩政史、地域史、博物館情報学。著書・編著に『近世中後期藩財務役人の研究』(巌南堂書店)、『村落生活の史的研究』(八木書店)、『大江戸歴史の風景』(山川出版社)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.