検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-21 / スペイン語 / 学内講座コード:123451

スペイン語会話〔中級〕 スペイン語で読む物語

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月23日(月)~ 9月 3日(月)
講座回数
6回
時間
13:00~14:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
23,328円
定員
15
その他
ビジター価格 26,827円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
世界的に有名なスペイン語短編小説を読みながら、文法やルールだけでは得ることのできない、リアルなシチュエーションでのスペイン語会話力を身につけること。

【講義概要】
南米を代表する4人の短編小説家の作品を読みながら、重要表現、単語、文法、そして内容の理解を経て、物語の歴史的・社会的背景を理解できるように計画しています。
■ ブリュッセル生まれのアルゼンチン作家フリオ・コルタサルより、長く大切にしてきた我が家を“何者か”に少しずつ奪われていく兄妹を描いた『占拠された屋敷(Casa Tomada)』。
■ 南米で最も重要な作家の1人とされるウルグアイのマリオ・ベネデッティより、いつもと変わらない土曜日に突然悲劇が訪れる男の一日を描いた『栄光の土曜日(S?bado de Gloria)』。
スペイン語の知識のみならず、南米の「歴史」「文化」「伝統」にも触れながら、楽しくスペイン語力を強化していくことができるでしょう。

備考

【ご受講に際して】
◆この講座は、主にスペイン語で行います。
◆中級程度のスペイン語知識(直説法の現在形・過去形・未来形、接続法)をお持ちの方を対象としています。
◆宿題が出ます(プリントA4で1枚程度)。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 Patricia Yoshida
肩書き 清泉女子大学講師
プロフィール メキシコ生まれ。アメリカ・フレイミングハム州立大学修士(教育学)。主な著作に「CBI教授法」、「内容中心の学習が学生のモチベーションに与える影響」(清泉女子大)、「日本外交史」(UNAM)、「1980年代の日本の対外政策」がある。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.