検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-04-09 / 経済 / 学内講座コード:310704

経済がわかれば日本、そして世界の明日が見える

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
4月11日(水)~ 6月20日(水)
講座回数
10回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
29,160円
定員
50
その他
ビジター価格 33,534円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
主要な経済ニュースを題材にして、日本や世界の経済動向ばかりでなく、政治・外交、安全保障情勢をわかりやすく読み解いていきます。

【講義概要】
生きた経済を通して日本および世界の情勢を解読していきます。以下の内容が本講座の柱となります。
1.アベノミクスは成功か失敗か
2.トランプ米政権の内幕
3.北朝鮮情勢の真相
4.膨張中国とどう対峙するか
5.日本再生の鍵は何か

【主な講義内容】
・アベノミクスは日本の国難を解決できるのか
・消費税増税で社会保障はよくならない
・おカネを刷れば景気はよくなるのか
・チャイナ・リスクはなぜ世界を脅かすのか
・円、ドル、ユーロ、人民元の動向
・株価はどう決まるか?
・脱デフレは近いか?

備考

【テキスト・参考図書】
参考図書
『人民元の正体』(マガジンランド)(ISBN:978-4865460537)
『反逆の日本経済学 』(マガジンランド)(ISBN:978-4905054702)
『アベノミクスを殺す消費増税』(飛鳥新社)(ISBN:978-4864102667)
『人民元・ドル・円』(岩波新書)(ISBN:978-4004308997)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 田村 秀男
肩書き 産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員
プロフィール 1970年早稲田大学政治経済学部卒。日経新聞ワシントン特派員などを経て2006年に産経新聞に移籍、現在は同特別記者編集委員兼論説委員。著書に『人民元・ドル・円』(岩波新書)、『アベノミクスを殺す消費増税』(飛鳥新社)、『人民元が基軸通貨になる日』(PHP出版)、『世界はこう動く』(共著、徳間書店)など。
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

検証 米中貿易戦争 (ML新書)
検証 米中貿易戦争 (ML新書)
田村秀男 (著)
価格: (税込)
出版社:マガジンランド(2018-07-25)
浜松企業家列伝 (MUSASHI BOOKS)
浜松企業家列伝 (MUSASHI BOOKS)
田村 秀男 (著)
加賀谷 貢樹 (著)
高山 豊司 (著)
価格: (税込)
出版社:エフジー武蔵(2016-05-20)
日&米堅調 EU&中国消滅: 世界はこう動く国際篇
日&米堅調 EU&中国消滅: 世界はこう動く国際篇
長谷川慶太郎 (著)
田村秀男 (著)
価格: (税込)
出版社:徳間書店(2016-05-20)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.