検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-02-22 / 哲学:その他教養 / 学内講座コード:340506

仏像の光と闇 ― 深読み編 ― カミとホトケの秘められた関係に迫る

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月24日(土)~ 3月10日(土)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,748円
定員
24
その他
ビジター価格 10,060円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・神仏尊格の基本的な分類を理解する。
・神仏習合の世界観を理解する。
・歴史の中で神仏の変化の様態を理解する。

【講義概要】
「仏像は仏教だけではわからない」をキーワードに進めてきた講座の新シリーズです。毎回特定の仏像にスポットをあて、一般的な役割(ご利益)だけでなく、呪術装置としての利用実態までを深読みします。さらに、自由な信仰から生まれた変化形や、他の神仏との混淆、合体の実際を掘り下げます。初歩的な話を交えて進めますが、「仏像の光と闇 ― 基本から学ぶ仏像秘話 ―」(340505)とあわせて受講すればより理解が深まります。

【各回の講義予定】
第1回 2018/ 2/24(土) 薬師如来。吉祥天との謎の関係
第2回 2018/ 3/ 3(土) 阿弥陀如来。浄土教、密教、そして八幡神
第3回 2018/ 3/10(土) 弁才天。龍神、蛇、大黒天との交わり

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 宮澤 やすみ
肩書き 神仏研究家
プロフィール 1969年山口生まれ。立教大学卒。神仏習合、宗教民俗学の立場から幅広い分野で寺社仏像の魅力を伝える。小唄師範で音楽家としても活躍する“歌う神仏研究家“。著書『仏像にインタビュー』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)、『東京仏像さんぽ』(明治書院)、『はじめての仏像』(河出書房新社)など。CD『Ash-La La La』。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.