検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-01-14 / 文学 / 学内講座コード:340103

『枕草子』隠された魅力のすべて 張り巡らされた深慮遠謀も読み解く

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月16日(火)~ 2月27日(火)
講座回数
6回
時間
12:30~14:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
17,496円
定員
24
その他
ビジター価格 20,120円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
『枕草子』の魅力を、徹底的に解き明かしていきます。

【講義概要】
『枕草子』全編を、一段一段読み進めていきます。『枕草子』は「気ままに書かれたエッセイ」のように思われていますが、実は様々な深慮遠謀も張り巡らされています。本講座では、章段の並べ方、何が描かれていて何が描かれていないのか、などに注目しつつ、『枕草子』の真髄に触れていけたらと思います。
『枕草子』は同時代の読者を想定して書かれています。彼らに自明の事実は書かれていません。それゆえ後世の読者には「わからない」ことも多いのです。にもかかわらず、私たちは『枕草子』が「わかった」気になっています。清少納言は「鋭い感性の持ち主だ」「でも自慢ばかりしている」等々のよくある作者評は、「わかりやすい」部分しか読んでいないことの裏返しでもあります。私たちは同時代読者にはなれません。だからこそ謙虚に(つまり簡単に「わかって」しまうことなく)、様々な読みの可能性を探るべきだと思います。
また授業の中で、折々くずし字を読み親しむ機会も作って行きます。

備考

【ご受講に際して】
◆2017年度秋学期講座の続きですが、どこからはじめても問題はありません。今学期からのご受講も歓迎いたします。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『新編 枕草子』(おうふう)(ISBN:978-4273035617)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 津島 知明
肩書き 國學院大學講師
プロフィール 1959年生まれ。國學院大學大学院単位取得満期退学。博士(文学)。國學院大學・青山学院大学・白百合女子大学ほか兼任講師。著書に『ウェイリーと読む枕草子』(鼎書房)、『動態としての枕草子』(おうふう)、『枕草子論究』(翰林書房)、編著に『新編枕草子』(おうふう)、『枕草子 創造と新生』(翰林書房)など。
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

枕草子論究―日記回想段の〈現実〉構成
枕草子論究―日記回想段の〈現実〉構成
津島 知明 (著)
価格: (税込)
出版社:翰林書房(2014-06-01)
動態としての枕草子
動態としての枕草子
津島 知明 (著)
価格: (税込)
出版社:おうふう(2005-10)
ウェイリーと読む枕草子
アーサー・デーヴィド・ウェイリー (著)
津島 知明 (著)
価格: (税込)
出版社:鼎書房(2005-06-01)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.