検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-01-13 / 絵画 / 学内講座コード:140422

写実デッサン講座

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月15日(月)~ 2月26日(月)
講座回数
6回
時間
10:40~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
34,992円
定員
30
その他
ビジター価格 40,240円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・初心者、経験者問わずひらかれた鉛筆によるデッサン教室です。
・鉛筆という安価かつ修正の容易な最小限の画材で造形言語の基礎(すなわち絵の基礎)を学びます。
・デッサンでは描き方以上にものの「見方」、どう見るか/どう捉えるかが重要であり、そこに力点を置きます。

【講義概要】
鉛筆(および練りゴム)の使い方からはじめ、じっさいにモチーフ(※)をまえにして観察にもとづくデッサンを行いつつ、構図、かたちの捉え方、明暗法などを学んでゆきます。理論講義も行ないますが、頭でっかちにならないように実感を伴うかたちで理解出来るよう、配慮しています。実技に際しては講師が教室を回りながら個々に応じたアドヴァイスを加えてゆきます。
※モチーフは課題に沿って原則的に各自、教室に持参します。

【各回の講義予定】
第1回 2018/ 1/15(月) 継続の方は、自由課題。入門の方は鉛筆と消しゴムを用意してください。
第2回 2018/ 1/22(月) 静物写生
第3回 2018/ 1/29(月) 経験者は静物写生 入門者はグレースケールづくり
第4回 2018/ 2/ 5(月) 静物写生
第5回 2018/ 2/19(月) 静物写生
第6回 2018/ 2/26(月) 自由課題

備考

【ご受講に際して】
◆初回、継続の方は自由課題。入門の方は鉛筆と消しゴムを用意してください。
◆昼食を挟んで前半90分、後半90分の授業になります。
◆WEB上で公開された講座内容に若干の変更が加わる場合があります。

【テキスト・参考図書】
参考図書
『水彩学 よく学び よく描くために』(東京書籍)(ISBN:4487799759)
『描く・見る・知る・画材を選ぶ 水彩ハンドブック』(グラフィック社)(ISBN:4766122674)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 出口 雄大
肩書き イラストレーター、画家
プロフィール 1962年 鎌倉生まれ。80年代より水彩イラストレーターとして活動。画家でもある。2003年よりオープンカレッジ講師を務める。著書に『水彩学 よく学び、よく描くために』『描く・見る・知る・画材を選ぶ 水彩ハンドブック』。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.