検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-14 / 文学:芸術 / 学内講座コード:340405

寺山修司、その歌の秘密

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月21日(土)~ 3月11日(土)
講座回数
5回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,826円
定員
30
その他
ビジター価格 13,608円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
短歌から出発した寺山修司は、その「私性の拡散と回収」という方法をもって、文芸、放送、映画、演劇とあらゆるジャンルにその才能を発揮、現代芸術を席巻し、烈しく時代を挑発し続けた。本講座では、未発表歌集『月蝕書簡』を読み解きながら、その表現の秘密を探り、その虚構と真実に迫る。過去は抹殺すべきか、再生すべきか。実際に起こらなかったことも、歴史のうちであるのか。私たちにとって「記憶の修正」は、はたして可能であるのか?

【講義概要】
寺山修司の最期の言葉はこうだ。「私は肝硬変で死ぬだろう」「だからと言って墓は建てて欲しくはない。私の墓は、私のことばであれば充分」。そう、言葉は人の体の中で、根を張り枝を育て葉を繁らせてゆく。与えられた命を豊かに稔らせてゆくもの、それが言葉だ。生前の寺山と交流、死後は「寺山修司追悼短歌絶叫コンサート〈望郷〉」を毎年開催する講師が、その来歴に併走しつつ、寺山が遺した歌の数々を丁寧に読み解いてゆく。毎回テキストを配付。
[第1回]『月蝕書簡』其ノ一
面売りの面のなかより買い来たる笑いながらに燃やされにけり
――誕生から死に至までの、その実人生の来歴を通して寺山修司の虚像と実像に迫る。
[第2回]『月蝕書簡』其ノ二
青ざめしわがくすり指青森の小学校の吸血鬼いずこ
――寺山少年が書き遺した新資料を手がかりに寺山芸術誕生の、不幸の秘密を探る。
[第3回]『月蝕書簡』其ノ三
ビー玉一つ失くしてきたるおとうとが目を洗いいる春のたそがれ
――病室で過ごした孤独な青年期、処女歌集『空には本』の裏表紙を羽撃く歌の翼!
[第4回]『月蝕書簡』其ノ四
つむりたるわが目蛍となりゆきて夢に情死の母を見にゆく
――歌集『血と麦』『田園に死す』を通して、寺山が発した「私とは誰か?」に肉迫する。
[第5回]『月蝕書簡』其ノ五
父に似し腹話術師の去りしあと街のかたちにたそがれも消ゆ
――未刊歌集『テーブルの上の荒野』、最終詩「懐かしのわが家」、非在の家族譚『月蝕書簡』を通して、その生涯の夢と出会う。

講師陣

名前 福島 泰樹
肩書き 歌人、文芸評論家
プロフィール 早稲田大学第一文学部卒業。『バリケード・一九六六年二月』から『哀悼』まで歌集29冊の他、著書に『福島泰樹全歌集』(河出書房新社)、『寺山修司 死と生の履歴書』(彩流社)など多数。肉声の回復を求めて「短歌絶叫コンサート」を創出、1500ステージをこなす。
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

下谷風煙録
下谷風煙録
福島泰樹 (著)
価格: (税込)
出版社:皓星社(2017-10-30)
日蓮紀行: 滅罪、求道、救国の旅
日蓮紀行: 滅罪、求道、救国の旅
福島 泰樹 (著)
価格: (税込)
出版社:大法輪閣(2017-06-10)
歌誌月光通巻第50号
歌誌月光通巻第50号
福島 泰樹 (著)
加藤 英彦 (著)
田中 綾 (著)
価格: (税込)
出版社:月光の会(2017-02-28)
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.