検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-20 / 世界史 / 学内講座コード:340302

古代マケドニア王国とギリシア世界 アレクサンドロス大王の祖国を知る

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月27日(金)~ 2月24日(金)
講座回数
5回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,826円
定員
30
その他
ビジター価格 13,608円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・古代マケドニア王国の歴史を多角的に学ぶ。
・ポリスだけではない古代ギリシア世界のダイナミズムを理解する。
・古代ギリシア史研究が現代世界の動向と密接に関わっていることを理解する。

【講義概要】
世界史に比類なき足跡を残したアレクサンドロス大王の祖国である古代マケドニア王国の歴史を学びます。この数十年、欧米では古代マケドニア史研究が飛躍的な進展を見せていますが、そうした最新の研究成果を取り入れながら、「小国」マケドニアが「超大国」へと台頭する過程と、それに応じたギリシアの勢力関係の変動にアプローチし、古代ギリシア世界のダイナミズムについて理解を深めていきたいと思います。講義では、現代のバルカンにおける国際紛争の焦点の一つとなっている「マケドニア問題」や、マケドニア考古学のめざましい成果についても解説し、前7世紀の建国から、フィリポス2世がギリシア世界の覇権を握り、息子アレクサンドロスの東方遠征の基盤を築くに至るまでの過程を学んでいきます。

【各回の講義予定】
第1回 2017/ 1/27(金) 現代の「マケドニア」
第2回 2017/ 2/ 3(金) マケドニアの発掘
第3回 2017/ 2/10(金) 古代マケドニア王国の発展I
第4回 2017/ 2/17(金) 古代マケドニア王国の発展II
第5回 2017/ 2/24(金) フィリポス2世のギリシア征服

備考

【テキスト・参考図書】
参考図書
『アレクサンドロス大王 ― 今に生きつづける「偉大なる王」 (世界史リブレット人5)』(山川出版社)(ISBN:978-4634350052)

講師陣

名前 澤田 典子
肩書き 千葉大学教授
プロフィール 富山県生まれ。東京大学文学部卒業後、同大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学、東京大学)。専門分野は、古代ギリシア・マケドニア史。著書に、『アテネ 最期の輝き』(岩波書店)、『アテネ民主政 命をかけた八人の政治家』(講談社)、『アレクサンドロス大王』(山川出版社)などがある。
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

世界史A 新訂版 [平成29年度改訂] 文部科学省検定済教科書 [世A311]
世界史A 新訂版 [平成29年度改訂] 文部科学省検定済教科書 [世A311]
平田雅博、飯島渉、佐々木隆爾、小沢弘明、青木敦、澤田典子、小暮通夫、松木謙一、逢坂恵美子、小林和夫、野村昌幸、海上尚美 (著)
価格: (税込)
出版社:実教出版(2017)
アレクサンドロス大王―今に生き続ける「偉大なる王」 (世界史リブレット人)
アレクサンドロス大王―今に生き続ける「偉大なる王」 (世界史リブレット人)
澤田 典子 (著)
価格: (税込)
出版社:山川出版社(2013-05-01)
ローマ帝国と地中海文明を歩く
ローマ帝国と地中海文明を歩く
本村 凌二 (著)
島田 誠 (著)
池口 守 (著)
佐藤 昇 (著)
樋脇 博敏 (著)
澤田 典子 (著)
井上 秀太郎 (著)
中西 麻澄 (著)
渡辺 耕 (著)
中川 亜希 (著)
長谷川 敬 (著)
志内 一興 (著)
伊藤 雅之 (著)
橋本 資久 (著)
宮崎 亮 (著)
岡田 泰介 (著)
田中 創 (著)
上野 愼也 (著)
三津間 康幸 (著)
高橋 亮介 (著)
価格: (税込)
出版社:講談社(2013-04-23)
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.