検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-21 / 経済:その他教養 / 学内講座コード:240707

人工知能は未来の経済をどう変えるか?

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月28日(土)~ 3月18日(土)
講座回数
2回
時間
13:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
9,461円
定員
30
その他
ビジター価格 10,886円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・人工知能とは何であるかを理解し、人工知能が雇用や経済成長に与える影響について考える。

【講義概要】
人工知能が未来の経済をどう変えるかをマクロ経済学の観点から論じていきます。みなさんと楽しく議論しながら進めていきたいと思います。以下の4点が講義の柱です。
1.人工知能とは何か?
2.人工知能は失業をもたらすか?
3.人工知能は経済成長をもたらすか?
4.人工知能の時代にふさわしい社会保障制度は何か?

備考

【ご受講に際して】
◆【ご注意】パンフレット記載の日程が、講師の都合により変更となりました。ご確認ください。
変更前=>1/28, 2/4
変更後=>1/28, 3/18
※休講2/4→補講3/18

【テキスト・参考図書】
参考図書
『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』(文藝春秋)

講師陣

名前 井上 智洋
肩書き 早稲田大学講師、駒澤大学講師
プロフィール 駒澤大学経済学部講師。慶應義塾大学環境情報学部卒業、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。2015年4月から現職。博士(経済学)。専門分野はマクロ経済学。最近は人工知能が経済に与える影響について論じることが多い。著書に『新しいJavaの教科書』、『人工知能と経済の未来』などがある。
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点 (PHP新書)
人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点 (PHP新書)
齊藤 元章 (著)
井上 智洋 (著)
価格: (税込)
出版社:PHP研究所(2017-11-16)
人口減少社会への対処法を明かす AIで「未来の年表」はこう変わる【文春e-Books】
人口減少社会への対処法を明かす AIで「未来の年表」はこう変わる【文春e-Books】
河合雅司 (著)
井上智洋 (著)
価格: (税込)
出版社:文藝春秋(2017-11-10)
未公開株100 週刊エコノミストebooks
未公開株100 週刊エコノミストebooks
谷口 健 (著)
池田 正史 (著)
前川 修満 (著)
西堀 敬 (著)
森川 亮 (著)
松尾 豊 (著)
櫛田 健児 (著)
渡辺 千賀 (著)
馬田 隆明 (著)
瀬戸 欣哉 (著)
岩下 直行 (著)
阪根 信一 (著)
井上 智洋 (著)
価格: (税込)
出版社:毎日新聞出版(2017-10-12)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.